俺のED治療薬事情!バイアグラよりアバナを選べ

アバナ

第4のED治療薬アバナ

製薬

アバナとはもともと日本の製薬会社である田辺三菱製薬で開発が進められていたED治療薬です。3大ED治療薬の強みを併せ持っているのが大きな特徴です。

詳しく読む

第四世代の薬になる可能性

アバナ

アバナはバイアグラ、レビトラ、シアリスという三大ED治療薬の次に開発されたED治療薬で、第四世代となりえる医薬品です。

詳しく読む

オススメサイト

新しいED治療薬

シアリス通販:お薬購買部


アバナ

アバナとはもともと日本の製薬会社である田辺三菱製薬というところで開発が進められていた薬であり、2001年に日本やアジアの一部地域を除く販売の権利や開発をアメリカのカリフォルニア州にあるヴィーヴァス社に譲渡が行われました。
この薬の特徴としてバイアグラなどの3大治療薬の1つであるレビトラよりも即効性が高く、もう1つの治療薬であるシアリスに比べて食事の影響を受けないという特徴があり、レビトラとシアリスの強みを合わせて効果を高めた薬とも言われています。
なので3大ED治療薬の次の第4の治療薬となるはずです。
残念ながら日本からの販売はまだ行われておらず、現状で入手するには個人輸入代行のサービスを使って海外からの購入のみとなっています。
主成分であるアバナフィルの含有量が50ミリグラム、100ミリグラム、200ミリグラムの3種類があり、初めての服用の場合には100ミリグラムが良いとされています。
勃起不全の治療の選択肢の1つとなるはずなので、他の治療薬で効果が実感できなかった人などには救済になるかもしれません。
副作用には、動悸や鼻づまり、頭痛、顔の火照り、めまいなどがありますが、副作用の発現率は低いとされています。
併用を禁止されている薬の中には硝酸剤やニトログリセリンなどの一酸化窒素供与剤や半年以内で脳梗塞や心筋梗塞、脳出血などを経験している人、またはイトラコナゾールなどの抗真菌薬あるいはHIV(エイズ)の薬を使っている人は使用することができなくなっています。
勃起不全の治療薬はこれまでバイアグラ、レビトラ、シアリスの順に誕生してきましたが、次々に進化を遂げてきました。
アバナを服用したい方は海外からの配送となり日本の代行業者で悪質なところもあります。
偽物を取り扱っている業者もあるので購入には十分に注意が必要です。
また使用は自己責任になるのでその点にも注意が必要です。
パートナーと楽しい性生活を送るためにED治療薬を試してみてください。

アバナ|ステンドラ|海外通販|ED薬|コンビニ薬局

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 俺のED治療薬事情!バイアグラよりアバナを選べ All Rights Reserved.