アバナはインド製ジェネリック薬品

色々な錠剤

アバナの主成分であるアバナフィルですが、実は日本ではこの成分が今現在では承認されていないので日本の病院で処方してもらう事はできません。アバナフィルは大手製薬会社ヴィヴァス社が2012年にアメリカ食品医薬品局(FDA)によって認可されステンドラとして販売しています。アバナはインドのサンライズレメディ社によってステンドラのジェネリック薬品として開発販売されたのです。アバナフィルは国際的特許を持っており、通常特許が切れる前にジェネリック薬品を開発や販売することはできません。しかし世界において例外な国が一つだけあるのです。そうそれがインドなのです。

医薬品の特許

顕微鏡を除く医者

医薬品には有効成分に対する物質的な特許と、製造方法に対する特許があります。インドでは物質的な特許を認めておらず、製造方法を変えることで特許問題をクリアしているのです。通常だと新薬に対して20年以上も先までジェネリック薬品を開発することはできませんが、インドでは自由にジェネリック薬品を開発したり、輸出したりすることができるのです。実は2005年以降はインドでも特許認める動きとなりましたが、インドに決定権がある合法的なお金を新薬の製薬会社に払うことでジェネリックの製造や販売を続けることが可能となっており、その新薬の製薬会社はこれに対して訴えることができないと法律で定められているのです。これにより通常だと不可能なステンドラのジェネリック薬品であるアバナを販売することができるのです。

ジェネリックの最大メリットはコスト面

秤

インドのジェネリックはこれだけ見るとなんだか納得できない部分も多いのですが、実は世界情勢で見ると紛争地域などで名もなき医師団が最も愛用している治療薬はインドのジェネリックなのです。ジェネリックの最大のメリットはやはりコスト面であり、治療薬が安く買えるという事はたくさんの命を救えるという事にもつながるのです。アバナはジェネリック薬品ですので、ステンドラよりも非常に安価に購入することができます。病院へ行かなくても信頼できる治療薬が安価に購入できるのであれば、第一選択として利用している人が多いのも納得となります。