EDと生活習慣

老夫婦

EDとは、中高層の年齢の男性が当てはまる症状なのですが、この問題を抱えている方は数多くいることでしょう。簡単にいえば、勃起しにくくなっている症状のことです。この問題について真正面から向き合い、本来のような性的興奮を覚えた際にエレクトする状態へ戻そうとする方は以外に少なく感じます。実は40代~60代の中では、3人に1人の割合でこの問題を抱えている人がいるといわれています。では、実際にこの問題は何が根底にあり、このような状況になってしまっているのか、ひとくくりにその原因を断定することはできかねるのですが、生活的習慣病や持病、または糖尿病などが原因となっているようです。

食生活も原因の一つ

ジャンクフード

上記で中高年層の男性に数が多いと記しましたが、今現在では若者にもこのED問題を抱えている男性が存在しています。そのため、世の男性はこの問題と若いうちからしっかりと向きあい、治療を行っていくべきなのです。若年層から高年層までの幅広い男性が今現代にこの問題が生じている理由として、肥満と血中に存在する悪玉のコレステロールがまたこの問題を引き起こしているといわれいます。つまり、近年日本は昔と比べ、除所にではあるにしても、欧米化しており、肉が中心の食生活になっていることが大きな要因といわれています。脂分の強いものや、糖質の高いものなどをなるべく避ける食事をとるようにしましょう。

根本的な原因を治そう

バランスのよい食事

これは勃起をする力が元気がない、といったような問題だけではなく、日本人として海外文化を取り入れたことにより、本来の日本人の体質には合わない食事から生活レベルでの文化を取り込んでいることにより、生じている障害なのかもしれません。EDのみであれば、正直バイアグラやそれに類する治療薬を飲み、対処すればもちろん勃起することはできますが、根本的な体の不調を治したわけではありません。もしEDの原因が、体の不調によっておこるのであれば、その治療を最優先したほうがよいでしょう。 食生活=EDとはなかなか結びにくいですが、根本的な原因は日々の生活に関わってることを覚えておきましょう。