ステンドラについて

ステンドラ

アバナの先発薬であるステンドラですが、耳にしたことがない方がほとんどではないでしょうか?それはごく当たり前のことなのです。なぜならステンドラは日本ではまだ未承認の治療薬だからなのです。有効成分はアバナフィルでアメリカの大手製薬会社ヴィヴァス製薬が開発販売しています。アメリカのFDAが承認したのは2012年の4月でかなり新しい薬と言えます。今現在ED治療薬といえば、バイアグラ、レビトラ、シアリスがありますが、これらのどのすべてもPDE5阻害薬という種類に分類されています。男性のペニスの勃起を妨げてしまう酵素のPDE5を阻害する事によって、EDを改善させることができるのです。

アバナフィル

アバナフィルの錠剤

ステンドラの有効成分であるアバナフィルも同様にPDE5を阻害する作用を持っているのでPDE5阻害薬に分類されるのです。では日本ではまだ承認されていないだけで、世界では今現在4種類のED治療薬が存在することになります。実はこのアバナフィルという有効成分ですが元々は日本の田辺三菱製薬が開発していたものだったのです。2001年の2月に田辺三菱製薬がアメリカのヴィヴァス製薬に日本とアジアの一部を除いた全世界での開発や販売権を許諾したのです。これによりヴィヴァス社が販売開発元となったのです。

ストップウォッチ

有効成分のアバナフィルは選択性が高く従来のED治療薬に比べて即効性があることからこれからの第一選択としてなりうる強さを持っています。多くの患者が服用後15分以内に効果を発揮することが示されており、これは即効性を売りにしているレビトラをもしのぎます。効果の継続時間もバイアグラより長く、副作用も比較的少ない事から日本での販売を待ち望んでいる方も少なくはありません。アバナフィルは2012年にヨーロッパでスペドラ韓国ではZEPEEDRAという医薬品名で販売されています。ED治療界のメシア(救世主)的存在であるステンドラですが、これからはもっと活躍することは間違いないでしょう。 日本でステンドラを購入したい場合は、ジェネリック薬品のアバナを選択し海外から買うとお得に購入することができます。